• 酒井 健伍

【事業紹介】ノトツグでは能登半島の農業分野における人手不足の解消に向けて取り組んでいます!

更新日:8月1日

農林水産省のHP(詳細は引用をご確認ください)では、昭和35年の基幹的農業従事者数が1114万人なのに対し、令和2年度の基幹的農業従事者数136万人であるデータに加え、農業分野の担い手の減少・高齢化の進行等により労働力不足が深刻な問題であると紹介されています。


また、能登半島では労働力不足に加え、後継者不足についても当社に多くのご相談をいただいております。このような農業の人手不足に関する課題を解決し、持続可能なビジネスモデルを策定すべくノトツグはスマート農業化や、6次産業のビジネスプランの策定をすすめています!


引用:スマート農業:農林水産省 (maff.go.jp)





閲覧数:29回0件のコメント